人気ブログランキング |

水道復旧と土塗りデモ

2019年8月4日

オープンキャンパス当日、東九条から運び込んだ壁土から竹や石などを取り除いてフルイにかけ、土練りをして土壁に土を塗るデモンストレーションを行いました。
オープンキャンパスの来場者向けではなく、今春、大学院を修了した毛利愛実子さん(陶磁器専攻)と玉井静穂さん(染織専攻)向けにです。
彼女らは他の何人かの修了生・大学院生と、縁あって、今春以来、東九条のBooks+Cafe SOLの2階の和室をリノベしていて、井上も協力していますが、土壁を塗りたい箇所があるというのでサポートしました。
ところが、昨年後期と今年前期は、テーマ演習としてつちのいえの授業をしていないため、丘の上は草ぼうぼうのジャングル状態、水道への道はふさがれ、ホースも穴が空き、電源も切られていました。
e0156224_00430294.jpg
穴の空いたホースは別なものと繋ぎ直し、通電もして、ようやくインフラを復旧させました。
e0156224_02385837.jpg

土練り機を動かしたのも約1年ぶりです。
材料がもともと壁土で、ワラもたくさん入っていたので、砂などを加えることなく、水を入れてこねるといい練り土ができました。
e0156224_00474714.jpg
塗りつける土壁の方は、たくさん水をかけて表面を緩め、小手などで傷をつけて、上塗りの土をなじみやすくします。
古い壁の土と新しく塗る土が一体になるように塗り込んでいくことで剥落が防げます。
e0156224_00521435.jpg
土浮きを押さえるひげこの説明をする余裕はなし。
短時間のデモでしたが、わかってくれたことと期待します。
e0156224_00582088.jpg
手前三つが壊した土壁の土の残り。結局この日は三つの土のう分を練りました。
(井上記)





# by plus-ap | 2019-08-04 23:30 | 土の家プロジェクト | Trackback | Comments(0)

草刈り

2019年8月2日(金)

8時半頃、大学の近くで体長1メートルほどのツキノワグマの目撃情報があったそうです。
場所は、大枝沓掛町 国道9号(沓掛寮デイサービスセンターの少し北)東側斜面とか。
そんなことも知らずに、一人、つちのいえの丘の草刈りをしました。
8月4日のオープンキャンパスで学外者向けにポスターで紹介する「テーマ演習」の一つなので、来訪者がいるかもしれないからです。
この暑いなか、つちのいえまで上がってくる受験生なら合格でしょう。
e0156224_00024233.jpg
梅雨を通じて、人が入らない丘は笑えるほどのジャングル状態です。
e0156224_00015945.jpg
別件で購入した草刈り機を使用。
e0156224_00054089.jpg
e0156224_00060976.jpg
e0156224_00070509.jpg
e0156224_00095225.jpg
作業は約2時間。汗だくになりました。
例年ならスイカ茶会の季節。でも今年の前期は授業ができなかったので、人がアクセスできるようにすることで精いっぱい。
はたしてオープンキャンパスでつちのいえまで人は来るでしょうか。
(井上記)



# by plus-ap | 2019-08-03 00:15 | 土の家プロジェクト | Trackback | Comments(0)

梅雨の草刈り

2019年6月19日(水)

しばらく投稿が途絶えていました。
今年前期はつちのいえはテーマ演習の授業としてはありませんが、総合基礎の1回生が第1課題「ようこそ!縄文的精神で歓待の場(器)をつくる」で、土壁をつくりたいというので、土と技術を提供しました。
e0156224_00320994.jpg
5月連休明けの光景

・ ・ ・
梅雨も間近いとき、上の学年の学生がグラウンドの端につくっている農園に敷くワラがほしいというので、屋根のカヤの残りを提供することにしました。
しかし、行ってみればいつのまにかつちのいえの丘は草が伸び放題。
道もわからないくらいになっていたので、草刈りをしました。
e0156224_00225807.jpg
e0156224_00231200.jpg
矢印がルートです。
通常見えるはずの土浮庵も見えません。

つちのいえの丘では、自然の旺盛な生命力を肌で感じることができます。
メンバーのみなさんもときどき息抜きに来てください。
後期は漆工の大矢一成先生をメンバーに加えて再始動します。
(井上記)


# by plus-ap | 2019-07-05 00:28 | 土の家プロジェクト | Trackback | Comments(0)

2019年春

2019年4月3日

つちのいえの丘の上にも春が来ています。
e0156224_02303149.jpg
e0156224_02305331.jpg
落葉樹である桜の落葉は、茅葺きの屋根にはよくないので、上にかぶさる枝を切ったところがあります。
それでかつてのように桜爛漫とまでいきませんが、つちのいえのまわりで花見ができます。
e0156224_02345748.jpg
カンヴァス屋根に穴があいているので、ポリカ波板で即席手当てして、雨水が室内に入らないようにしました。
e0156224_02374864.jpg
この春に入ったばかりの新入生たちが何人かで見に来たようです。代表の名は「土谷」さん?
e0156224_02404961.jpg
土浮庵の床下に大きなタンポポが咲いています。
e0156224_02454872.jpg
この床下からの(にじり口ならぬ)上がり口にだれが気づくでしょう。
e0156224_02460103.jpg
柱に段がついていて、ロフトにも上がれることに気づく人が、どれだけいるでしょう。
e0156224_02462239.jpg
ここからテラスに出るとどれだけ気持ちいいか、だれが気づくでしょう。

2019年度前期は、井上は総合基礎の運営副委員長で忙しく、長谷川直人先生も、秋山陽先生と永楽先生が退任して陶磁器専攻の教員組織が大きく変わり、何かと忙しいので、授業としてのつちのいえはありません。

でもOBの人はいつでもあそびに来て下さい。問題を発見したら、知らせて下さい。

(井上明彦 aki@kcua.ac.jp)



# by plus-ap | 2019-04-03 23:28 | 土の家プロジェクト | Trackback | Comments(0)

2018年度後期は・・・

2018年11月29日

今期は、授業「テーマ演習」としてつちのいえはありません。
「テーマ演習」は5名以上の学生と教員1名の提案で授業として成り立ちます。
毎年後期は、授業を行うかどうかは学生の自発的な提案にあえて委ねています。
ところが今年は学生から提案が出ず、授業としてつちのいえは行われないことになりました。
前期に土浮庵が完成してモチベーションがさがったのでしょうか。
でもつちのいえの丘ではその気になればいっぱいやれることがあります。
初めてのことです。

でも無理して「授業」する必要もないので、悪いことではありません。
つちのいえはもともと「授業」ではなく、単位と無関係な学生と教員(井上)の自発的な創作・研究活動だったので(2008年)、テーマ演習という授業の枠に入ってから(2009年〜)も、授業以前の自発的な状態こそがつちのいえのエッセンスでした。
学生自身がやりたいことが見つからないのに行う必要はありません。

とはいえ、つちのいえのエッセンスがわかっているOB・OGは、ときおりつちのいえを訪ねてきます。
10月24日、陶磁器4回生の伊藤真里衣さんから、知り合いが古民家を解体するが、土壁から大量の土が入手できる、いりませんかと、連絡が入りました。

e0156224_22173359.jpg
彼女から送られてきた写真。
壊しているのは、南区のコーナンプロ吉祥院店の近所のかなり古い民家ということ。
いい土です。こねたらまた使えて、いい壁がぬれそうです。
e0156224_22175498.jpg
e0156224_23544956.jpg
結局いただくことにして、伊藤さんたちがつちのいえに運びました。
井上は徳島県立近代美術館で展示作業があり、運搬を手伝えなかったので心配でしたが、土嚢は無事つちのいえの南の坂道に積まれていました。
2トンくらいあるでしょうか。来年度、つちのいえの3軒目にチャレンジしましょう。


11月29日 久しぶりにつちのいえに来て見ると、黒板にOGの書き置きがありました。
e0156224_23592899.jpg
e0156224_00020507.jpg
e0156224_00022165.jpg
カンヴァス布を木のフレームにはってつくった屋根の一部がやぶれています。補修が必要。
e0156224_00023589.jpg
つちのいえの西側の倒木はそのままです。
大量の木材がある、と見ることができます。
次年度、これも活かしたいところです。


# by plus-ap | 2018-11-29 23:41 | 土の家プロジェクト | Trackback | Comments(0)


つちのいえプロジェクト活動記録


by plus-ap

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Member July 2018

小清水漸   井上明彦
秋山 陽   長谷川直人

窪田真由美  井上万梨子
宮木奈緒   権藤那英子
大石詩乃   廣川 秀
大里真瑛子  櫻井莉子
畑下 素   米田 望
野村有香   志水ひかる

安間雅人   上西 樹
瀧本 瞳   河野沙也子
巽 史織   稲あゆ美
伊藤真理衣  櫻井敦子
前田あかね  Mbugha Meni

有田加鈴   神山実貴子
清水彩瑛   高橋優依
長野美里   林佳奈
増尾ひいろ  田中優里 
渡部克哉

河合正太郎  細川真歩
佐伯真彩   垣内美佳里
水野真希   樋口理菜
鈴木秀子   塩田千裕
岡本真侑   朴 美香
川久保美桜  砥綿 栞
森脇夢子   東 美旺花
堂本真由   北尾祥子
高瀬 葵   有吉かな子
本間由夏   佐藤由輝
柳 在昊   Ninni Maklin
平田万葉   村井陽平

下迫良輔   遠藤彰子
小西景子   永吉智紗葵
吉川 昌   監物紗羅
樹田明子   寺岡麻美子
高嶋里奈   楠井沙耶
五十川命   松本明香里
古見亮太   野村真美
杉尾智子   瀬口優和
平野佑季   金 理紗

田中美帆   藤田紗衣
出口義子   下村一真
松本崇利   高江洲佳乃
児島優美   高橋めぐみ
北野侑子   木田菜摘
栗田有佳   熊田悠夢
于 瀚程

城田香菜子  南 大樹
石上 漱   矢野洋輔
藤村佳朋   楠崎真央  
一柳瑞穂   佐藤亜美
佐藤悦子   米倉由佳

江川 恵   島田鮎香
岡村真友子  佐々田美波
佐藤亜美   宮崎佳奈
珊 娜

池田恵子   佐々木知里
河野萌望   清水みゆき
境田早智子  佃 七緒
横田恵子   川端あす香 
小川知美   奥野果乃子
山口暁子   鈴木ひかり
王 艶瓊   池田 崇

富元秀俊   中岡庸子
山口哲史   堀内 航
林千花子   日下知恵子
木下愛理   村田ちひろ
藤河ゆう   荒川夏名
稲垣若菜   来見 環
大原美樹   谷口 悠
前田菜月   塚本春日美
西村知子

(順不同)

つちのいえHP

■連絡先
井上明彦:aki@kcua.ac.jp

■協力
京都市立芸術大学
大枝アートプロジェクト
畑中久美子デザイン室
創作建築工房大五
大薮農園
達城土木
松尾工務所
吉井工務店
久住 章
萱金(かやきん)
畑中屋根工事
しっくい浅原

カテゴリ

全体
土の家プロジェクト
土浮庵
峠の茶屋
茶庭つくり隊
日干しレンガ
茅葺き
素材と道具
学外研修
研究と観察
これまでの経緯
紹介記事など
アクセス
メンバーカテゴリ
その他
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 04月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ

ピョンブログ
大枝アートプロジェクト
水のゆくえ/アクアカフェ...

最新のコメント

みんなで木を運んでるとこ..
by しもさこ at 16:10
わぁお!! 立派になって..
by 前田奈央(VD卒) at 22:15
池田さん お久しぶりで..
by plus-ap at 23:50
お久しぶりです。 昨年..
by 池田 崇 at 19:04
斎藤親方からは技術だけで..
by 呑兵衛 at 23:28
型に嵌まらない考え方が肴..
by 呑兵衛 at 23:18
お〜〜〜すごい!! カ..
by 前田奈央 at 23:41

最新のトラックバック

検索

ブログジャンル

アート・デザイン
建築・プロダクト

画像一覧